一般社団法人 徳島ビルメンテナンス協会
 
 
令和元年度 地域連携 >> 記事詳細

2019/06/25

ゆめチャレ『学校見学会』~みなと高等学園~

Tweet ThisSend to Facebook | by HP管理者

 

はたらくサポートプロジェクト
You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル

特別支援学校理解・啓発セミナー『学校見学会

 

《日 時》令和元年6月11日(火) 12:50~15:30
《場 所》徳島県立みなと高等学園(小松島市中田町新開28-1)

《出席者》菊池健次会長  中村郁郎地域支援委員長  
     長池裕司  萩原栄二  橋本明廣  門田晴香
     尾崎 惣  花野賀胤  山口義昭


  ~学校概要説明・進路に関する取組紹介など~

   

  ~意見交換会~


   



~中村郁郎地域支援委員長コメント~
今回の学校見学会は小松島市の県立みなと高等学園でした。最初に驚いたのが、学校に入るなり、すべての生徒が「こんにちは」と明るく大きな声で、挨拶がされていたことです。学校での教育に対する意識が感じられました。
見学会冒頭に、みなと高等学園の「概要」と「進路に対する取組み」について資料を基に説明があり、障害の程度に応じて教育体制が編成され、支援体制も充実していることが理解できました。
校内実習見学では、木工・家政・ビルメンテナンス・委託作業・環境園芸の各5班の見学でありました。各班とも1年生・2年生・3年生が一つのチームになって、それぞれが助け合い、団体での作業環境、また社会に出たときの実戦さながらの実習はなるほどと思いました。
各企業との意見交換会では、就職するまでと就職してからの各問題点、注意点、待遇面、職場環境の有り方、保護者との連携等について活発な意見交換が行われました。
障がい者就労支援に対しては、徳島ビルメンテナンス協会は組織を挙げて取り組んでいるところでありますが、こうした学校見学会、企業見学会等地道な活動を通じてより深化した関係を構築して行きたいと考えます。
                           

◎当日の様子です。→ みなと高等学園HPへ


《一口メモ》
「学校見学会」は、企業関係者が特別支援学校を訪問し、職業に関する授業などを実地に見学し、障がいのある生徒の皆さんの「はたらく」ことについての理解を深めていくことを目的にして、平成27年度より、毎年1回、この時期に行われています。
このあと、その地域の障がい者雇用のモデルとなる企業への「企業見学会」が実施されます。


これらの実施状況は、次のとおりです。


・平成27年度  国府支援学校(7月7日)          徳島市
         西精工株式会社(11月11日)       同上
・平成28年度  阿南支援学校(7月14日)         阿南市
         日亜化学工業株式会社(11月9日)     同上
・平成29年度  池田支援学校美馬分校(7月12日)     美馬市
         貞光食糧工業株式会社(10月24日)    つるぎ町
・平成30年度  板野支援学校(7月5日)          板野郡
         株式会社キョーエイ(11月12日)     徳島市


11:00 | 地域・社会貢献