一般社団法人 徳島ビルメンテナンス協会
 
 
令和3年度 地域連携
2022/04/28

令和3年度 特別支援学校の生徒さんの就業体験実習

| by HP管理者
県教育委員会では、特別支援学校を卒業する生徒の皆さんが可能な限り社会の中で自立した生活ができることを目指して教育活動を推進され、特に高等部では社会への円滑な移行を念頭に置き、就労に向けた多様な経験を積むことができるよう、実際の職場で一定期間働く「就業体験」を実施されています。

当協会としても、「
就労支援協定に基づく最重要連携事業の一つとして、関係施設の管理者の方々を始め多くの皆様のご理解とご支援をいただきながら、この事業に取り組んでいます。平成29年度からこの連携事業をより充実させるため、前期・後期の2回実施することとしています。


就業体験を終えた生徒さんからの感謝状



~就労体験の受け入れを終えて~

就業体験は、生徒が企業等を職場で実際に働くことにより、そこに働く人と接することで、職業としての知識や技能・技術に触れることにより働くことの大切さや意義を理解し、働くことの喜びや社会人として生きることの尊さを実感させるとともに、就業するために求められる知識や技能、マナー等を身に付けることを目的としています。また企業にとって、障がい者に対する理解や障がい者雇用の取り組みに向けた理解が深まり、企業の社会的役割の実践と地域への貢献、地域における企業価値の向上に繋がるものであります。
この度、板野支援学校から1名の就業体験の受入れをしました。仕事に対する取組み姿勢、マナーも良く学校教育の成果を感じました。今回の就業体験により、社会人として生きて行く事に必要なことなどを少しでも感じていただけたものと思います。

                          株式会社 徳島四国ダイケン
                          代表取締役専務 中村 郁郎



《徳島県特別支援学校校長会 上野会長よりお礼のお言葉をいただきました》

徳島ビルメンテナンス協会会員の皆様におかれましては、日頃より、特別支援学校の教育活動推進に対しまして御理解と御協力を賜り、心より厚くお礼申し上げます。
今年度におきましても、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、高等部生徒の就業体験が計画通りに実行できない中、高等部の就業体験活動に御理解をいただくとともに、その機会拡充に協会一丸となって御協力くださり、積極的に生徒の就業体験を受け入れていただいたことに深く感謝いたします。
また、就業体験の受け入れだけでなく、生徒の力を評価いただき、就職まで結びついているケースがあることは、嬉しい限りであります。
さて、協会に所属する職員の方に専門審査員として指導していただいている「とくしま特別支援学校技能検定」も定着し、毎年多くの生徒が受検する中で、卒業後の進路に対する意識やモチベーションの向上に繋がっております。
今後も、徳島ビルメンテナンス協会会員の皆様のお力添えをいただきながら、一人一人の生徒の自立と社会参加に向けて鋭意努力をして参る所存でございます。今後とも、本県特別支援学校の充実のため、御指導、御支援を賜りますようお願い申し上げます。

                       徳島県特別支援学校校長会会長
                       徳島県立板野支援学校 上野 清文




               令和3年度 就業体験一覧
   企 業 名            就業体験場所   学校名    就業体験期間   
       名 称   所在地
 阿部商事㈱ 徳島県立障がい者交流プラザ 徳島市南矢三町(希望者なし)  
 吉野川市民プラザ 吉野川市鴨島町(希望者なし) 
 ㈱環境ビルサービス 徳島市役所  徳島市幸町(希望者なし)  
 菊池産業㈱ あすたむらんど徳島 板野郡板野町(希望者なし) 
 鳴門ウチノ海総合公園 鳴門市鳴門町(希望者なし) 
 ㈲サンビ 徳島市水道局  徳島市幸町(希望者なし) 
 徳島トヨタ自動車㈱オートモール店 徳島市中前川町(希望者なし) 
 ㈱四国総合ビルサービス 鳴門警察署 鳴門市大津町 (希望者なし)  
 徳島市水道局 第十浄水場 石井町藍畑(希望者なし)  
 四国ビル管理㈱ アスティとくしま 徳島市山城町 (希望者なし)  
 阿波銀行本店  徳島市西船場町 (希望者なし) 
 四国ビルメン㈱ 小松島サンパーク協同組合(ルピア)  小松島市小松島町 (希望者なし)  
 サングルポ阿南協同組合(アピカ)  阿南市西路見町(希望者なし)  
 総合ビル・メンテム㈱ 徳島赤十字病院 小松島市小松島町(希望者なし)  
 徳島赤十字
 ひのみね総合療育センター
 小松島市中田町 みなと高等学園 10月25日(月)~10月29日(金) 
 11月29日(月)~12月10日(金)
 11月29日(月)~12月17日(金)
 太平ビルサービス㈱
 徳島営業所
 サンルート徳島  徳島市元町  みなと高等学園 5月31日(月)~6月25日(金)
 8月2日(月)~8月20日(金)
 12月6日(月)~12月21日(火)
 ㈱太洋美装 文化の森 徳島市八万町(希望者なし) 
 徳島県企業局 徳島市新蔵町(希望者なし) 
 ㈱ティビィケイ 阿波おどり会館 徳島市新町橋(希望者なし)  
 徳島県立総合教育センター 板野郡板野町(希望者なし)  
 徳島大学 常三島地区 徳島市南常三島町(希望者なし)  
 徳島大学 蔵本地区 徳島市蔵本町(希望者なし)  
 ㈱徳島四国ダイケン 徳島県庁 行政棟 徳島市万代町 みなと高等学校 6月28日(月)~7月9日(金)
 板野支援学校 12月1日(水)~12月14日(火)
 阿南支援学校 2月1日(火)~2月4日(金)
 徳島美装工業㈱ 徳島保健所 徳島市新蔵町(希望者なし) 
 鳴門美装㈱ 徳島県立工業技術センター 徳島市雑賀町(希望者なし)  
 ㈱泊洋商事 ホワイト急便「はるか」阿南工場 阿南市宝田町(希望者なし)  
 本州ビル管理㈱ あわぎんホール
 徳島県郷土文化会館
 徳島市藍場町(希望者なし)  
 16企業 27箇所中、3箇所で実施   3校9名
 


❖過去の実施状況は次の通りです❖

 ・
平成27年度
       ・平成28年度

 ・
平成29年度(前期)  ・平成29年度(後期)

 ・平成30年度(前期)  ・平成30年度(後期)

 ・令和元年度(前期)   令和元年度(後期)


 ・令和2年度(前期)   ・令和2年度(後期)
16:40 | 連携活動
2022/02/17

ビルメンWEB 2022年1月『ビルメン便り』

| by HP管理者

❖ビルメンWEB2022年1月「ビルメン便り」に当協会の連携事業が紹介されました❖

           


(公社)全国ビルメンテナンス協会の総合発信サイトである「ビルメンWEB」の1月26日配信分に、当協会の最新の地域連携事業が紹介されました。
当協会の地域連携事業は、この前身である「月刊ビルメン」(ビルメンテナンスの未来を考える総合マガジン)の2018年7月号2019年4月号2020年7月号にも紹介されており、今回で4回目となります。

これらは、いずれもこのHPをご覧いただいてのことで、当協会の日頃の地道な活動が編集担当の方に注目していただいていることは、大変ありがたく、励みにもなります。

今後とも、パートナーの皆様はじめ多くの方々のご支援をいただきながら、コロナ禍の中、工夫を凝らし連携事業が着実に進んでいくよう努めてまいります。



掲載記事はこちら ⇩ 
 

2022年1月26日配信『ビルメン便り』活動報告
知的障がい者向けのビルクリーニング体験講習会を実施(徳島)



16:50 | 報道事項
2022/01/14

ビルクリ体験講習2021

| by HP管理者

当協会は、従来より、県、(社福)徳島県社会福祉事業団、NPO法人とくしま障がい者就労支援協議会、(独法)高齢・障害・求職者雇用支援機構徳島支部などの皆様と連携し、相互に顔の見える良きパートナーとして多くの地域連携事業を行ってまいりました。その概要は、その都度このHPにてご紹介してきましたが、この度、新たな事業の創造に向け徳島県社会福祉事業団(ふらっとKOKUFU)の皆様と協議し、次のとおり事業を実施することができました。この事業の意義、新規性、成果、課題などは、推進責任者が下記コメントにおいて語っています。ぜひ、ご覧ください。



《概 要》
ア 趣旨・目的
  知的に障がいのある方を対象に、ビルクリーニング体験講習会を開催し、受講生や関係
  者の皆さんに、ビルクリーニングについて理解を深めて
いただき、関心を持っていただ
  くこと。



イ 日時・場所
  令和3年12月22日(水)
  地域生活支援拠点 ふらっとKOKUFU(徳島市国府町中)


ウ 作業学習内容(設けたエリア)
 

       
    ①床洗浄エリア             
②汚水回収エリア  
                            

  
     
    
④カーペット清掃エリア         ③ガラス清掃エリア
        
     
        
    ⑤手洗いエリア       
   スタンプラリー景品引き渡し



エ 参加者
  ・受講生  30名(ふらっとKOKUFU利用者)

  ・ふらっとKOKUFU
   小谷徳島県社会福祉事業団理事長  清重総括施設長  高橋主任支援員

  ・当協会
   菊池会長  多田副会長  長池青年部会長  古田青年部顧問
   岡田洋治  飯田貴志  菊池周平  三好由起  三好保奈美  前田靖行 
   曽我部剛  上山郁則  竹田詩朗  東條陽平  逢坂智秀   庄野浩史
   一宮省一 

  ・徳島県関係
   藤﨑障がい福祉課主査  末善労働雇用戦略課主事  山本特別支援教育課指導主事
   森国府支援学校就職課長

      

              



             ◆◆◆講習風景◆◆◆ 

    

  
  

  
  

             ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


~長池青年部会長コメント~

12月22日、ふらっとKOKUFUにおいて知的に障がいのある方を対象にしたビルクリーニング体験講習会を実施致しました。受講生やその関係者によりビルクリーニングの理解を深めていただくと共にビルクリーニングに関心を持っていただく目的でこの講習会を企画しました。
工夫した点は通常の講習会とは違い、座学を全く行わず、普段使わないような様々な清掃道具を “見て” “触って” といった体験型の講習会にしたことや、受講生の達成感や集中力を保つために体験した作業にスタンプを押す、スタンプラリー形式にしたことです。
苦労した点は様々な道具を一度に多数の受講生に安全に体験していただく為に講師を最低でも10名は必要であったことや同時に感染症対策も考慮しなくてはならないことでした。
講習会を終えていくつかの反省点や改善点はあったものの受講生の反応や関係者のご意見を伺った限りでは当初の目的は達成したと感じております。私共、講師もこの講習会をとおして新たな気づきや発見があり、今後の講習会活動に役立てたいと考えています。
最後にこの講習会に携わった関係者の皆様、また年末の多忙な時期、協力いただいた会員メンバー企業ならびに講師の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。



→ 
社会福祉法人徳島県社会福祉事業団HP

→ 社会福祉法人徳島県社会福祉事業団『ふらっとKOKUFU』

 
14:40 | 連携活動
2022/01/07

You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2021

| by HP管理者

特別支援学校『 You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2021


「ゆめチャレ」は、平成26年度からスタートし、今回で15回目となります。
当協会は、平成26年12月に開催されたフェアに菊池会長がアドバイザーとしてお誘いをいただき感銘を受け、以後「就業体験学習」「アビリンピック」「はたらく力『見学会』」「ビルメン甲子園」「施設・学校・協会がスクラムを組んで行う年末清掃ボランティア活動」などと並ぶ重要な連携協力事業として組織をあげて取り組んでいます。



《概 要》
ア 趣 旨(参加企業募集パンフレットより)

「ゆめチャレ」は、企業の方に特別支援学校生徒の「働きたい想い」を知っていただき、生徒と直接お話をしていただくことで特別支援学校生徒の就労についての理解を深めることを目的にしています。

イ 日時・会場
  令和3年12月15日(水) 
  徳島県立総合教育センター(板野郡板野町)

ウ 主な内容
  ・働こう宣言
  ・先輩から君たちへ
  ・とくしま特別支援学校技能検定
  ・企業と生徒の懇談
  
エ 参加者(当協会関係)
  菊池健次会長  岡田 洋治  中畑加奈子  稲垣 琴江  三好由美子
  森田 秀之   長江 明子  多田美奈子  多田 尚矢  元木 文昭
  曽我部 剛   程野 真輔  萩原 英二  一宮 省一 


 
   〈先輩から君たちへ〉          〈技能検定・実演〉         
   
   
 
   〈企業コメント〉           
〈懇 談〉
       



~㈱環境ビルサービス 岡田洋治氏コメント~

         
師走も押し迫るなか、今年も「夢チャレ」の会場に足を運んで元気をもらってきました。
ご存じない方のために、「夢チャレ」とは正式名称を「You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2021」といい、県内の特別支援学校の生徒さんたちが将来の就職に向けての日頃の活動の成果や就業意欲を発表する場で、今年度は去る12月15日に板野町の総合教育センターにて開催されたものです。
会場内は満員御礼状態で、まず生徒さんたちの「働こう宣言」を聞かせてもらいました。
将来様々な職について、もらった給料でお世話になった先生や親御さんにご馳走したいと聞かされた時は、ほんとにすごいなあと感心させられました。就職そしてみずから働いて得たお給料で感謝の気持ちを表そうとするなんて、自分が日頃忘れていたものを思い出させてもらった気分でした。生徒さんたち、ありがとう。
その後はビルクリーニングをはじめ様々な業務の模範演技を見せてもらったり、会場を移動して生徒さんたちとも直接将来の就職に向けてのお話をさせてもらったりもしました。毎年そうですが、どことなく清々しい気分で会場を後にすることができました。是非また来年も足を運ぶつもりです。




【 一口メモ 】

1.このフェスティバルは、「夢を語る生徒」と「夢を受け取る企業(できれば、継続し
  た雇用という形で)」とで成り立っています。
  このため、このイベントを意義あるものとして定着させるためには、定期的に(例え
  ば年1回)開催し、「ボツボツ夢チャレの時期かな、今年も会場は総合教育センター
  かな」などと企業の皆さんの頭に浮かんでくるようになっているのが望ましいのでは
  ないかと思います。

  当協会は、平成27年度以降、毎回、このフェスティバルに参加してきましたが、こ
  のような方向で運営されてきたとの印象を持っています。
  ただ、昨年新型感染症のため中止され、今年もまた中止となることだけは避けたいと
  願っていたので、今回開催することができ、本当によかったと思っています。

  このようなことで、今年の開催を楽しみに会場に出かけました。
  受けた印象を少しご紹介します。

  ア.「働こう宣言」、「先輩から君たちへ」、「技能検定」や「懇談」については、そ
   の訴える力、活気・内容の濃さ、実演での作業のレベルの高さなどは前回までのも
   のと変わることはありませんでした。やはり、夢チャレは、健在でした。

 イ.
運営の在り方では、生徒さんを中心にした運営=例えば、会場への案内・誘導、プ
   ログラムの司会進行等=が着実に定着してきたかな、との思いを抱きました。

  これらは、主催者の皆さんの「生徒さんの働きたい想い」を是非伝えたい、
  そしてこれを通じ「自立」を図っていきたいとの姿勢と地道な努力によるところが
  大きいと受け止めました。企画運営に携わった皆様に敬意を表したいと思います。


2.過去の経緯・・・ここで「ゆめチャレ」の歴史を簡潔に振り返っておきます。

 平成26年度
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア2014
   日 時  平成26年9月11日(木)
   場 所  徳島グランヴィリオホテル
   参加企業26社

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア2014 in WEST
   日 時  平成26年12月12日(金)
   場 所  油屋美馬館
   参加企業14社

 平成27年度
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア2015 in WEST
   日 時  平成27年9月14日(月)
   場 所  阿波市交流防災拠点施設アエルワ
   参加企業21社

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア2015
   日 時  平成27年12月2日(水)
   場 所  アスティとくしま
   参加企業25社

 平成28年度
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア2016 in WEST
   日 時  平成28年9月16日(金)
   場 所  阿波市交流防災拠点施設アエルワ
   参加企業21社

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア2016
   日 時  平成29年1月26日(木)
   場 所  アスティとくしま
   参加企業23社

 平成29年度
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル『学校見学会』~池田支援学校美馬分校~
   日 程  平成29年7月12日(水)
   場 所  徳島県立池田支援学校美馬分校
   参加企業37社 

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2017 in South
   日 時  平成29年9月8日(金)
   場 所  阿南市文化会館 夢ホール
   参加企業23社

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2017
   日 時  平成30年2月19日(月)
   場 所  徳島県立総合教育センター
   参加企業27社

 平成30年度
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェア『学校見学会』~板野支援学校~
   日 程  平成30年7月5日(木)
   場 所  徳島県立板野支援学校
   参加企業21社 

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2018in WEST
   日 時  平成30年12月17日(月)
   場 所  阿波市交流防災拠点施設 アエルワ
   参加企業33社

  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2018in South
   日 時  平成31年2月26日(火)  
   場 所  阿南市文化会館 夢ホール
   参加企業18社

 令和元年度
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル『学校見学会』~みなと高等学園~
   日 程  令和元年6月11日(火)
   場 所  徳島県立みなと高等学園
   参加企業26社
 
  ◎You Me(ゆめ)チャレンジフェスティバル2019in WEST
   日 程  令和元年12月18日(水) 
   場 所  阿波市交流防災拠点施設『アエルワ』
   参加企業35社 




14:45 | 連携活動
2021/10/28

「はたらく力」見学会 ~国府支援学校~

| by HP管理者

はたらくサポートプロジェクト「はたらく力」見学会 ~国府支援学校~


「はたらく力」見学会は、今回が最初の開催となります。これは、従来、「学校見学会」「企業見学会」として実施されてきた見学会がこの「はたらく力」見学会に統合再構成されたことによるものです。このようなことで、今回の見学会は新たな事業として最初の、しかもコロナ禍の下での試みであり、随所に地道な努力と工夫の跡が感じられました。企画運営に携わった皆様に敬意を表したいと思います。当協会は、従来の見学会には、「就業体験学習」「ビルメン甲子園」「学びと交流と施設快適化のための年末清掃活動」「ゆめチャレ」などと並ぶ重要な連携事業として取り組んでまいりました。「はたらく力」見学会についても、従来の見学会と同様、関係者の皆様と連携し、組織を挙げて取り組んでいくこととしています。



《概 要》

ア 日時・会場
  令和3年10月19日(火)
   徳島県立総合教育センター
   (板野郡板野町犬伏)


イ 主な内容
  ・国府支援学校紹介
   学校概要説明、進路指導の取組、和太鼓演奏 
  ・はたらく姿
   作業学習見学、卒業生に聞く!
  ・障がい者雇用の経験から
   ~雇用継続のためのヒント~

ウ 参加者(当協会関係)

  菊池健次会長  小西秀和   長江明子
  曽我部剛    程野真輔   富永健太郎
  東條陽平    一宮省一   
  河野寛久    竹村康平



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



 〈学校紹介・和太鼓演奏〉
          



 

 〈はたらく姿・卒業生に聞く!〉

今回10月19日(火)に徳島県立総合教育センターで開催された、「はたらく力」見学会に参加し、『はたらく姿 卒業生に聞く!』ということで、弊社の国府支援学校卒業生の竹村康平氏と舞台にて発表をさせて頂きました。
彼の現場での1日の作業の工程や、どのような事に気をつけているか等々、今後、学校を卒業してビルメンテナンスに携わろうと考えている生徒さん達に彼なりに考えて返答を考え、発表をしていました。
今回の発表で、生徒さん達に仕事の良さや楽しさが伝わり、一人でも多くビルメンテナンスの仕事に携わってもらえたらと思っております。
私も含め、竹村氏も良い経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

                   徳島美装工業株式会社 河野寛久  




 〈障がい者雇用の経験から
~雇用継続のためのヒント~
  株式会社徳島ランドリー 代表取締役 寺田敏行 様

      


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


~株式会社徳島四国ダイケン 程野真輔氏コメント~         
はたらくサポートプロジェクトの一環である「はたらく力」見学会が徳島県立総合教育センターで開催されました。今回は、リモートによる国府支援学校の紹介や生徒の作業風景、会場での和太鼓演奏、「卒業生に聞く」では、就業体験談やこれからチャレンジしたいことなど内容盛りだくさんでした。また、「障がい者雇用の経験から」をテーマに雇用継続のためのヒントや問題点、雇用を通じてのマッチングの大切さや就労支援ネットワークの活用について講演をして頂きました。障がい者雇用の問題点として、雇用の継続率の減少が挙げられ、県や教育委員会、企業の3者が連携して継続率の向上に取り組んでいかなければなりません。職場体験や見学会を通じて、働くことの意義や働くことの大切さを理解し、いろんなことにチャレンジしてもらいたいと思います。
                           




【一口メモ】
ご参考のため、従来の二つの見学会に関する「一口メモ」を掲載いたします。




14:30 | 連携活動
2021/09/29

第19回アビリンピック徳島大会2021

| by HP管理者

当協会は、現在、多くのパートナーの皆様のご支援の下、種々の地域連携事業を実施し、その概要はその都度このHPにて発信しています。

これら連携事業のうち最初に行ったのがこのアビリンピック徳島大会(ビルクリーニング部門)で、今回で8回目を迎えます。この間、選手の皆さんに大会への参加を学習や技能向上の励みにしていただくとともに、県幹部の皆様にもお越しいただき協会役員などと広範囲に亘る意見情報交換を行うなど、大変有意義な機会となって来ました。

今回の大会も狙いそのものに変わりはありませんが、
新型コロナウイルス感染症に強い警戒を要する時期であり、昨年度同様、徹底した感染防止対策を講じた上で実施されました。


      

 



《ビルクリーニング部門》
          
 日時:令和3年9月20日(月・祝)
 会場:徳島ビルメンテナンス会館

 競技参加・受賞の状況
 ・徳島県立特別支援学校生徒3名
 ・協会加盟企業5名

 ・受賞者  金 賞:1名
       銀 賞:1名
       銅 賞:1名
       優秀賞:5名




  【競 技】
    
   

     
      【 審査員 】
     長池審査員
     古田審査員
     竹田審査員
     逢坂審査員



    
  


  【交 流】
 ・県商工労働観光部   脇田労働雇用戦略課長  佐川主査  末善主事
 ・県教育委員会事務局  田中特別支援教育課長  山本指導主事
 ・当協会        菊池会長  多田副会長   一宮事務局長

    
   

    
   


         
❖独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構徳島支部 高齢・障害者業務課長 堀江 様よりコメントをいただきました❖
第19回アビリンピック徳島大会2021が、台風の影響で9月20日に順延になりましたが、徳島ビルメンテナンス協会の皆様をはじめとして後援機関等のご協力のもと滞りなく実施することができましたこと、厚く御礼申し上げます。
また、ビルクリーニング競技にご助力いただきました協会及び各会員企業の皆様につきましては、競技会場や競技資材のご提供とコロナ禍の中、当日の円滑な運営にご尽力いただき重ねて御礼申し上げます。
今大会につきましては、全国大会に向けてビルクリーニング競技の競技内容(弾性床と繊維床)の実施としましたが、競技に臨んだ選手の皆様は、きめ細やかに研究されており、指導者の方々の熱心さも伝わりまして、非常に高いレベルでの大会内容となり審査員からも好評でした。
今後も引き続き、アビリンピックの開催が、企業や社会一般の人々に障害者雇用の促進に関して、理解と認識を深めていただく一助となることを祈念いたしまして感謝の言葉とさせていただきます。



→独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構徳島支部HP→ こちら




~多田副会長コメント~
令和3年9月18日(土)に開催予定であった「第19回アビリンピック徳島大会」が、台風14号の影響により同月20日(月・祝)に2日遅れで開催されました。

ビルクリーニング部門では、昨年同様、当会館3階大会議室を使用し、また、審査員4名も派遣をさせて頂きました。
選手につきましても、当協会員の会社より5名の参加もあり、大会を大いに盛り上げました。
我々視察の協会員にとっては、感染予防の対策、また開催の方法についての勉強になりましたし、同じく視察に来て頂いた徳島県の関係者の皆様からも、貴重なご意見も頂き、充実した大会となりました。

最後になってしまいましたが、コロナ禍の中にあって、感染防止に向け綿密な打ち合わせを行い、細心の注意の下で運営に当たられた
「独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構徳島支部」の皆様に敬意を表したいと思います。ありがとうございました。





❖過去の大会状況は次の通りです❖

 
平成27年度  平成28年度  平成29年度  平成30年度  

 令和元年度   令和2年度


16:40 | 連携活動
2021/08/25

令和3年度 シルバー人材センター「清掃スタッフ養成講習会」 in つるぎ

| by HP管理者

この講習会は、(公社)シルバー人材センター連合会が高年齢者を対象に、就職等を目的として行う講習で、今回は次のとおり実施されました。
当協会は、これらの講習を同連合会と連携して実施するため、青年部の皆さんを講師として派遣することとしています。


《清掃スタッフ養成講習》
 
・講習日時・場所

 令和3年8月16日(月)~8月19日(木) 4日間 
 公益社団法人 つるぎ町シルバー人材センター

・講習内容(座学講習・実技講習)
 清掃の目的・作業従事者の心得について
 安全と衛生・器具と機械について
 清掃の基本作業・清掃物における洗浄について
 洗剤、床維持剤の使い方について

   
   


・竹田講師コメント
今回初めてつるぎ町の方でシルバー講習会の講師を担当させて頂きました。
私が担当したところは「安全と衛生」で、教科書を進めていく中で事故事例を交えたり、KYTシートを使って危険と思われる所をみんなで考えて、いろいろな回答を頂きました。少人数でありましたが、受講された方は真剣に聞いて頂き、質問も多数出ていました。
また機会があれば参加し、ビルメンテナンスのことを一人でも多くの方に知ってもらいたいと思っております。今回は良い経験をさせて頂きありがとうございました。  
 

 

 

令和2年度 シルバー人材センター「清掃スタッフ養成講習会」in 三好へ



16:40 | 地域・社会貢献